東北旅行には見どころ満載の歴史情緒あふれる会津若松がおすすめ!

東北旅行でおすすめの観光地はどこですか?

東北旅行でおすすめの観光地は、福島県の会津若松です。絶景の温泉や、歴史情緒あふれる観光スポットがたくさんありますのでご紹介します。

<鶴ヶ城>
会津若松のシンボルともいえる鶴ヶ城は、会津若松旅行では欠かせない一番の人気スポットです。天守閣の内部は体験型ミュージアムになっていて、展望台からは会津の町を一望できます。忍者落としと言われる廊下橋や兵士が簡単に昇降することができる武者走りと呼ばれる階段など見所がたくさんあります。鶴ヶ城公園内には千利休の子・少庵が建てたと言われる茶室麟閣があります。福島県指定重要文化財となっている貴重な茶室です。

<飯盛山>
飯盛山は、会津若松の城下町を一望に見渡す小高い山で、白虎隊が自決をした場所として有名な場所です。白虎隊ゆかりの墓や自刃の地が保存されていて、白虎隊に関する資料が豊富な記念館もあります。さざえ堂は日本で唯一の珍しい木造建造物で、国の重要文化財に指定されています。内部はスロープがらせん状に続いており、上りと下りですれ違わずに行き来することができます。誰ともすれ違わずに上り下りができる、不思議な空間です。

<七日町通り>
大町四ツ角からJR七日町駅まで続く七日町通りは、約800mの長さがあります。そこに歴史を感じる重厚感のある蔵や洋館が並んでおり、大正ロマンを感じることのできる通りとして人気です。七日町通りの蔵や洋館はそのほとんとがお土産屋やレストラン、カフェになっているので、内部までじっくりと見学することができます。創業300年の会津塗りの白木屋漆器店や会津の郷土料理みそ田楽が美味しい満田屋、造り酒屋の末廣酒造などが有名です。

<東山温泉>
会津奥座敷の東山温泉は、竹久夢二や与謝野晶子など著名人に愛された温泉地として有名な、由緒正しい温泉郷です。湯川沿いを中心にいくつもの温泉宿が点在しています。山に囲まれ露天風呂に入りながら眺める湯川の光景は絶景です。一面が雪景色になる冬の温泉も格別です。会津若松の市街地から車で10分ほどで行けるアクセスのよさもメリットです。

会津若松の魅力が伝わったでしょうか。少し足を伸ばせば、猪苗代エリアや喜多方エリアまで行くことができます。日程に余裕のある方はそちらにも行くことをおすすめします。